そのニキビ治療用の薬あなたにあってますか

ニキビが多発、もしくは炎症を起こして悪化するようであればニキビ治療薬が必要となるでしょう。 もちろんその際に、美容皮膚科の診療を受け、きちんと処方を受けたニキビ治療薬であれば問題は有りません。医師を信頼して、その指示通りに薬を使用すればニキビは問題なく治るはずです。 しかし、たいていの場合は市販されたニキビ治療薬で自分でニキビを治そうとする人の方が現時点では多数派ではないでしょうか。

自分でニキビ治療薬を準備する場合は、殺菌効果や皮脂を除去する効果も重要ですが、なによりもその治療薬が自分の肌と合っているかどうかが最重要となります。 市販されているニキビ治療薬とはいえ、その薬が肌に合うかどうかは、最終的にはその人の肌の状態によって決まるのです。

前評判や思い込みで使用すれば、それはニキビをさらに悪化することになってしまうこととなるでしょう。 これが医師の処方ならば、事前には患者の薬への肌の反応チェックなどもきちんと行なった上で処方してくれるでしょうが、自分でニキビ治療薬を入手する場合は、自分でチェックしなければなりません。

自分の肌に合ったニキビ治療薬を選ぶための反応チェックは決して難しいことではなく、単に用意したニキビ治療薬を自分の肌に少しだけ塗って、一日程度の経過観察を行なえば良いだけです。 一日経って薬を塗った箇所が異常が無ければ、そのニキビ治療薬は治療に使用しても問題が無いことになります。 チェックのためとはいえ、もしもの時は塗った箇所に肌の異常が現れる可能性も考えると、目立たない箇所の肌に塗ってチェックを行なうことが推奨されます。